市民会館の建て替えを市長が提案!またもや市民は置き去りに――

2017年11月21日 22時33分 | カテゴリー: 活動報告

市民会館の建て替えを、市長が提案
突然の方針転換。まちづくりの視点はどこに?
11月13日の全員協議会で、丸山市長から、
「耐震対応に課題のある市民会館はしかるべき時期に閉館し、必要な活動場所を官民連携により確保する。今年度末をめどに方針を決定する」との報告がありました。
市民会館単体での建て替えという唐突な方針転換に驚き質問したところ、延床面積2,812㎡の市民会館を800㎡に縮小し、民間の「収益型施設」(内容は未定)と抱き合わせでの建て替えを検討していることがわかりました。
整備費用は民間事業者持ち、公共エリア800㎡の内訳は「660㎡の活動・発表スペースに、トイレ等の供用スペース」との説明でした。

計画行政を骨抜きにして良いのか?
何を根拠に660㎡という数字を打ち出したのか?
どの計画に基づく構想なのか?
本来であれば、「西東京市の文化施設」を今後どうしていくかをしっかりと議論し、それに基づき一つひとつの施設のあり方を固めていくべきなのに、順序が逆転しています。
場当たり的で検討のプロセスも見えない今回の提案は、「計画行政」の考え方を踏み外しているとしか思えません。

だれの声を聞いて決めたの? またもや市民は置き去りに――
古くなった公共施設のすべてを新しく建て替えることはできない、これからは総量抑制と複合化だと、行政は主張してきました。
財政的な制約もあるため、そのこと自体は否定しません。
だからこそ、まちづくりの優先順位は市民と共に議論して決めるべき、とネットは繰り返し訴えてきました。
にぎわいと交流の要ともなる文化施設は、未来の西東京市のグランドデザインを描く上で重要な拠点。
どこにどんな施設を配置するのが、まちづくりにとって最も効果的なのかといった議論が必要です。
しかし市はまたもや市民の声を何もきかず、市民に情報提供をすることもなく、今までと何も変わらないやり方で施設整備を進めようとしています。
これで本当に良いの???

中央図書館・田無公民館は「現状維持」。施設の課題は先送り
施設改修の要望が高い中央図書館・田無公民館は、5億9,052万円をかけて耐震補強し、平成45年(2033年・田無庁舎・仮設庁舎の使用年限)まで現状維持、という方針もあわせて示されました。
開架スペースの拡張や、学習室、作業室の設置といった課題はすべて先送りにされ、
合築複合化基本プラン策定懇談会から出された提言が反映された形跡は、どこにも見当たりません。

それぞれの施設の方針は、今年度中(~2018年3月末)に決定とのこと。
こんなに大事なことが、市民に知らされてもいないのは大問題です。
皆さんのご意見、ぜひお聞かせください!