障がい者就労支援施設の開所式に参加しました

2017年4月21日 19時38分 | カテゴリー: 活動報告

新町に、新しい障がい者就労支援施設ができました。
社会福祉法人トポスの会 ラシーネ西東京の運営する
生活介護と就労Bの多機能型です。

ついこの間までビリヤード場やインターネットカフェがあったスペースが、カフェ風の落ち着いた作業空間に変わっていて、びっくりしました。

我が子の居場所を社会の中につくりたいと願う、親御さんたちの切実な思い。
さまざまな支援者との出会いとご縁。
そして、働く場を得た若者たちの自信と責任感。
そんな思いが垣間見られた、すてきな開所式でした。

壁は黒板としても活用できて、作業工程などを書き込むのに重宝しているそうです。

トポスとは、ギリシャ語で「居場所」
ラシーネはフランス語で「根を張る」
という意味だそうです。
ラシーネ西東京が、この地に広く深く根を張る、
安心できる居場所になりますように。